中部オール電化ホーム > 太陽光発電の設置工事の流れ

太陽光発電システムの設置工事の流れ

■オール電化設置工事の流れ  ■太陽光発電設置工事の流れ

墨出し〜金具や架台の取り付け工事

屋根の形状や状況により様々な設置状況となります。

ますは、正確に設置する為の墨出しを行い、太陽光パネル(太陽電池モジュール)を設置する為の金具を設置して行きます。この作業は大変手間が掛りますが重要な作業ですので丁寧に行います。

また、金具設置後の補修(雨漏れ防止)もしっかり行います。

墨出し 金具 金具

太陽光パネルの設置工事

太陽光パネル(太陽電池モジュール)取り付け用の金具の設置が完了しましたら、配線を繋ぎながら太陽光パネル(太陽電池モジュール)を1枚ずつ丁寧に設置していきます。

太陽光パネル 太陽光パネル 太陽光パネル

接続箱・パワーコンディショナの取り付け工事

接続箱、パワーコンディショナ、モニタを取り付け、分電盤と接続をします。

パワーコンディショナ・接続箱 パワーコンディショナ・接続箱 パワーコンディショナ・接続箱

動作検査

電気計測を行い、正しくシステムが作動しているかを検査致します。

同時にモニター画面にて動作確認を行います。

その他、操作のご説明をさせて頂きます。

工事完了

最後に、片付けや清掃をさせて頂き、工事完了となります。

連係作業

電力メーターの交換し電力会社との系統連係を行います。

これにより、自動的に余った電力は電力会社に買って貰えるようになり、本稼働となります。

太陽光パネル 太陽光パネル 太陽光パネル